東日本信販から追加融資の電話が・・利用体験談や審査について。

記事上テキスト
どうも、カズヤです。

人気の借金体験ブログはこちらで確認できます。同じ境遇の方々がいるのは心強いです!

既に複数社から借入があったり、どこで借りれるかを事前に判断したい方は40社の金融業者で無料で匿名簡易審査ができるサイトが非常に便利です。

上記匿名簡易審査でも借りられない場合は債務整理が必要なタイミングかもしれません。借金減額無料シミュレーターなら匿名で診断&相談ができます。

今回は「東日本信販」についてです。

大手の消費者金融と違って宣伝活動を殆どしていない為、認知度は低いですが、柔軟な審査で一定の評価は得ている業者になります。設立が1978年と老舗で、2010年の貸金業法改正の混乱の中でも、有人店舗の統廃合をしながらなんとか営業を続けてこれているのはスゴイと思います。

スポンサーリンク
広告1

管理人の東日本信販体験談や口コミ、評判など

私も過去に30万円お世話になりました。神田の支店まで赴いて担当者と面談をして、即日で30万円手渡しで融資してもらいました。担当者から毎月の収支状況などかなり詳しくヒアリングされましたが、他にも複数社から数百万円の借金してたので業者側も貸し倒れ防止の為には必要だったのでしょう。
ネットや電話申し込みでは来店しなくても振込で融資が完了するようですが、中には私の時のようにネットで申し込み後に来店するように言われるケースもあります。ただ個人的に審査に心配な方は来店して直接担当者と話す事をオススメします。私も電話では10万円しか融資できないと言われていたのに、来店して直接人となりを見てもらったのが功を奏したのかわかりませんが結局元々希望していた30万円まで融通きかせてくれましたから。
あとこちらも中小の消費者金融の特徴の一つですが、カード発行などは無く、希望額を一括で銀行口座(来店の場合は手渡し)に振り込まれる形となっており、毎月借入額に応じて決められた返済額を振り込みで返済していきます。返済期日が過ぎると担当者から催促の電話がありますので、必ず返済期日までに返済をするようにしましょう。
私は30万円の融資額で毎月1.5万円の返済をしていき、どうしてもお金が無くて支払い期限過ぎてしまった事も何回かあったのですが、その度に電話で叱咤激励を受けたのは今となっては良い思い出です(笑)あ、正規業者なので会社とか家とかに取り立てとかは来ませんでしたのでご安心を。そして現在はなんとか完済する事ができました(他の借金はまだまだありますがね)。
もう完済して数年経ちますが、先日「○○さん、10万円程借りませんか~?」と携帯に追加融資の営業電話がかかってきましたので、丁重にお断りしました(笑)また困ったら相談するかもしれません。

正規業者なので、その点は安心して利用できます。
※金融庁が提供している登録貸金業者情報検索サービスにて

東日本信販の商品、審査基準やメリット、デメリット

東日本信販素材

商品ラインナップ

東日本信販の商品はフリーローンのみと非常にシンプルです。

■フリーローン
・融資限度額 最高50万円
・貸付利率(実質年率) 18%~20%(10万円未満は20%)
⇒連帯保証人原則不要、但し信用状況によって必要になるケースあり
⇒即日融資可能

申し込み~返済まで

申し込みは来店不要でできますが、来店しない場合は融資実行後に契約書を郵送でやりとりする必要があります。また、前述の管理人体験談でもあるように、個人的に関東近郊の方は来店での申し込みをおすすめします(ココに限らず)。

■申し込み方法
・PC、スマホで専用ページから入力して申し込み
・電話で申し込み
・店頭窓口で申し込み
⇒インターネットであれば24時間365日申し込み可能

■契約(本人確認、収入証明等の必要書類の提出)
・来店する場合は店頭窓口で提出、契約
・来店しない場合は郵送で提出、契約書に捺印後返送。

■融資
・来店する場合は店舗で手渡しが一般的
・来店しない場合は銀行振り込み

■返済
・銀行振り込みか店頭窓口返済
⇒毎月同じ金額を返済する元利均等払いか、期日一括返済のいずれかを選択できます。
※期日一括返済は元金を一括で返済できる月まで利息だけを支払う返済方法です。利息だけの支払いなので月々の負担は軽減されますが、支払い期間が長いとその分利息を多めに支払う事になるので注意が必要です。すぐに返せるアテがあればお得に借りれます。

審査について

東日本信販は中小消費者金融だけあって大手と比べて審査の不安な属性でも比較的柔軟に融資判断をしてもらえるといった情報が多いですし、私も実際申し込んでみてそう感じました。
昔と違って今は総量規制(年収の3分の1以上は借入ができない法律)の絡みもあって中小消費者金融でも貸金業法の縛りの中で運営している以上、既に年収の3分の1以上借金(銀行カードローンや住宅ローン、クレジットカードショッピングは別)がある方に対しての融資は難しいでしょうが、関東近郊の方は一度店舗に赴いて融資の相談をしてみるのもアリです。

【借入可能か匿名簡易審査で確認】
いきなり申し込むのに不安や抵抗のある方、既に何社も申し込みをしており慎重に選びたい方は匿名で簡易審査ができる便利なサイトもあります。無料で、且つ個人情報などの入力は不要で信用情報にも傷がつきません。今の自分にあった金融会社を見つける事ができる便利なサービスなので是非試してみてください。

匿名審査を試してみる

メリット・デメリット・評価

■メリット
・審査が不安な方でも申し込んでみる価値はある
・来店不要で申し込み可能
・元利均等払いか、期日一括返済のいずれか自身にあった返済方法を選べる

■デメリット
・年収の3分の1以上は借りられない(総量規制の対象)
・土日融資が不可
・来店したくても店舗が東京にしか無い
・借入限度額が少ない
・利息が高い
・消費者金融で借入しているイメージがあまりよろしくない

■評価
審査基準:○
即日融資:○
土日融資:×
来店不要:○
借入限度額:×
無利息期間:×
借入利息:△
オススメ度:★★★☆☆

会社情報

商号:東日本信販株式会社
本社所在地:東京都中央区銀座5-9-1 銀座コティビル9階
設立:昭和53年6月
資本金:8,000万円
貸金業登録番号:東京都知事(2)第31318号
※関東財務局長(7)00779号から登録変えあり
加盟団体:日本貸金業協会会員 第000122号

まとめ

まだまだ認知度も低く、多少申し込むのに抵抗がある人も多いかと思いますが、どうしてもお金が必要で、大手消費者金融などで融資を断られてしまった方は、申し込んでみるのもアリだと思います。

ただ、大手などで融資を断られているような現状であれば、新たな借入はせずに債務整理やおまとめローンなどで負担軽減するなど、返済計画の見直しが必要かもしれません。

【借入可能か匿名簡易審査で確認】
匿名で簡易審査ができる便利なサイトを活用すれば今の自分にあった最適な金融会社を見つける事ができます。

匿名審査を試してみる

↓↓最後までお読みいただきありがとうございます。ブログランキングに参加してますので、クリックしていただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする