関西アーバン銀行カードローンとフリーローンの違いは?借金のおまとめは可能なの?審査基準は?

記事上テキスト
どうも、カズヤです。

人気の借金体験ブログはこちらで確認できます。同じ境遇の方々がいるのは心強いです!

既に複数社から借入があったり、どこで借りれるかを事前に判断したい方は40社の金融業者で無料で匿名簡易審査ができるサイトが非常に便利です。

上記匿名簡易審査でも借りられない場合は債務整理が必要なタイミングかもしれません。借金減額無料シミュレーターなら匿名で診断&相談ができます。

今回は久しぶりに金融業者の紹介です。私も過去に利用した事のある「関西アーバン銀行」のローン商品についてです。

”関西”と名前がついてるだけあって、支店は関西エリアが中心となってますが、東京と愛知にもそれぞれ1店舗ずつ支店を構えています。

スポンサーリンク
広告1

管理人の関西アーバン銀行のローン体験談や口コミ、評判など

かれこれ10数年前、まだ関西在住だった頃に一度借金をおまとめするのに利用した事があります。
消費者金融など複数社から約200万円程の借金があった時で、どうにかおまとめして月々の返済額や利息を抑えられないかを考えていた時に、最初は東京スター銀行おまとめローンに申し込んでみたところ、見事に否決。。
途方に暮れていた時に救ってくれたのがこちらの関西アーバン銀行でした。なんと東京スター銀行では審査に通らなかったのに、同じ条件で見事に審査通過。無事200万円の借金をまとめる事ができ、月々の返済額の軽減と、利息も消費者金融(当時はグレーゾーン金利で契約していたので30%近くあったと記憶しています…確か)とは比較にならないぐらい低かったのでかなり身軽になった記憶があります。同じ銀行でも審査基準って違うんだな~と。

申し込み時はこちらの銀行の口座を持ってなかったので、新規口座開設して口座に200万円振り込まれた時はお金持ちになった気分でしたね(笑)
無論、借入先各社にちゃんと返済して完済証明書を銀行に提出しないといけなかったので(確か)、金持ち気分は一瞬だけでしたが。

因みに後日談ですが・・最終的にはおまとめローンで身軽になった事をいい事に、結局調子に乗ってしまって借金を減らすどころか、逆に増やしてしまう(借金200万円が450万円に膨れました…)といった、所謂おまとめローンの落とし穴に見事にハマってしまいました。。情けない。。

あと当時は”関西アーバン銀行おまとめローン”という商品があったと思うのですが、現在は無くなっており、アーバンフリーローン「不動産担保型・無担保型」という商品に統一されているようですね。

関西アーバン銀行のローン商品、審査基準やメリット、デメリット

商品ラインナップ

カードローン、フリーローン「無担保型・不動産担保型」、マイカーローン、目的ローン、オーナーローン、住宅ローンなど銀行だけあって様々な商品がありますが、全て紹介すると膨大な情報量になってしまうので、、ここではカードローン及びフリーローン「無担保型」のみ紹介します。

■アーバンカードローン
・融資限度額 10万円~500万円
・貸付利率(実質年率) 4.0%~14.4%
・資金使途 自由
⇒担保・連帯保証人不要(保証会社:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)
⇒銀行カードローンの為、総量規制の対象外
⇒原則来店での契約(但し来店が難しい場合は郵送対応が可能なケースもあり)

■アーバンフリーローン「無担保型」※不動産担保型もあり
・融資限度額 10万円~500万円
・貸付利率(実質年率) 4.0%~13.5%
・資金使途 自由
⇒事業資金としての利用もOK(事業資金の場合は上限300万円)
⇒おまとめ資金としての利用もOK
⇒担保・連帯保証人原則不要(保証会社:株式会社クレディセゾン又は株式会社ジャックス)
⇒総量規制の対象外
⇒原則来店での契約(但し来店が難しい場合は郵送対応が可能なケースもあり)

アーバンカードローンとアーバンフリーローンの違い

関西アーバン銀行では同じ利用使途が自由のローン商品でも、「カードローン」と「フリーローン」の二種類ラインナップがあり、何が違うの?といった疑問もありますよね。
簡単に言うと、カードローンは専用カードで借入限度額内ならいつでも出し入れが可能なのに対し、フリーローンでは融資は契約時の一回のみで、返済回数、返済日、金利など最初に契約で取り決めた内容に基づいて毎月一定額(都度繰り上げ返済は可能)を返済していく”証書貸付”と言われる融資スタイルです(住宅ローンや自動車ローンと同じイメージ)。よって借入限度額などの概念がありません。
カードローンは借入限度額内であれば自由に出し入れができる為、便利ではあると同時に、返済した分まで再度借り入れるなどで一向に借金が減らないといったリスクもありますので、カードローンタイプにするか、フリーローンタイプにするかはよく考えて選択する必要があります。
人それぞれでしょうが、個人的には利用使途が明確であるなら、フリーローンの方が返済計画が立て易く、着実に借金を減らしていけるのではと感じています。

申し込み~返済まで

■申し込み方法
・インターネット専用ページでの申し込み
・電話での申し込み
・店頭での申し込み

■審査
・指定の電話番号またはメールに連絡あり、審査結果の回答
・店頭でその場で審査結果の回答

■契約(本人確認、収入証明等の必要書類の提出)
・原則来店での契約(但し来店が難しい場合は郵送対応が可能なケースもあり)

■融資
・カードローン
⇒店頭手続き後、後日自宅に郵送で送られてくる専用カードを利用してATMで借り入れが可能
・フリーローン
⇒関西アーバン銀行の口座へ融資。口座が無ければ新規で口座開設が必須。

■返済
・カードローン
⇒関西アーバン銀行口座より毎月自動引き落とし(返済日:毎月10日)
⇒専用カードでATMでいつでも返済可能

・フリーローン
⇒関西アーバン銀行口座より毎月自動引き落とし(返済日:毎月7日、17日、27日から選択可能)

審査について

公式WEBサイトによると、申込条件については以下となってます。

次の条件をいずれも満たす方
・継続して安定した収入がある方
・満20歳以上満75歳未満の方(フリーローンの場合は完済時満71歳未満の方※但し融資期間7年以内かつ融資金額300万円以内の場合は、申込時年齢満20歳以上完済時満76歳未満まで可能)
・保証会社の保証が受けられる方 

だいたいどこの業者も同じような申込条件になってますね。
保証会社についてはカードローンの場合は”SMBCコンシューマーファイナンス株式会社※プロミス”でフリーローン「無担保型」の場合は”株式会社クレディセゾン又は株式会社ジャックス”となってますので、直近でこれらの金融業者で審査が否決された事がある場合は保証が受けられない=審査通過が難しいかもしれませんが、一概には言えないのでチャレンジしてみる価値は十分あると思います。
また、既にご存知の方も多いとは思いますが、銀行のローンなので年収の3分の1以上借りる事ができない総量規制が適用されません。よって、既に年収の3分の1以上の借入が他社であったとしても十分審査に通る可能性はあります。
また、上記の私自身の体験談にもあるように、他の銀行で審査が通らなかったにも関わらずこちらの銀行で審査が通った経験がありますので、銀行の中でも比較的積極的な融資を行っていると考えられます。

【借入可能か匿名簡易審査で確認】
いきなり申し込むのに不安や抵抗のある方、既に何社も申し込みをしており慎重に選びたい方は匿名で簡易審査ができる便利なサイトもあります。無料で、且つ個人情報などの入力は不要で信用情報にも傷がつきません。今の自分にあった金融会社を見つける事ができる便利なサービスなので是非試してみてください。

匿名審査を試してみる

メリット・デメリット・評価

■メリット
・利息が低い
・総量規制の対象外
・銀行の中では積極的な融資を行っている印象

■デメリット
・申し込みから融資実行まで時間がかかる(新規で口座開設が必要)
・原則来店が必要
・支店が関西圏に集中している
・土日の新規契約は不可
・無利息期間が無い

■評価

項目 評価 特記事項
審査基準  
即日融資 ×  
土日融資 ×  
来店不要  
借入限度額  
無利息期間 ×  
借入利息  
利便性

オススメ度:★★★★☆

一見デメリットが多い印象ですが、やはりローンは利息が全て。
銀行カードローンである以上、消費者金融よりも貸付利率が優遇されますので、オススメ度は高めです。

会社情報

商号:株式会社関西アーバン銀行
本社所在地:大阪府大阪市中央区西心斎橋1丁目2番4号
創立:1922年(大正11年)7月
資本金:470億円
店舗数:本支店138 プラザ17

まとめ

銀行の中では比較的積極的に個人に融資を行っている印象があるので、他社で断られた方でも諦めずに申し込みしてみるといいかもしれません。
また、総量規制の対象外なので既に他社で年収の3分の1以上の借入があっても借入できる可能性は十分あります。
特に銀行ならではのメリットとしては、消費者金融よりもかなり利息が低くなるので、既に消費者金融などから借入がある方はこちらの銀行で”借り換え”や”借金のおまとめ”などを利用すれば毎月の支払額や利息の軽減ができ、かなりの負担軽減に繋がるのではないでしょうか。

【借入可能か匿名簡易審査で確認】
匿名で簡易審査ができる便利なサイトを活用すれば今の自分にあった最適な金融会社を見つける事ができます。

匿名審査を試してみる

↓↓最後までお読みいただきありがとうございます。ブログランキングに参加してますので、クリックしていただけると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする