借金返済でお金が無いのに職場で飲みの誘いが…そんな時に良い感じに断るテクニック!

記事上テキスト
どうも、カズヤです。

人気の借金体験ブログはこちらで確認できます。同じ境遇の方々がいるのは心強いです!

既に複数社から借入があったり、どこで借りれるかを事前に判断したい方は40社の金融業者で無料で匿名簡易審査ができるサイトが非常に便利です。

上記匿名簡易審査でも借りられない場合は債務整理が必要なタイミングかもしれません。借金減額無料シミュレーターなら匿名で診断&相談ができます。

借金の返済でお金が無い時に限って飲みの誘い…
「お金無いんで…」なんて断り文句は若手の頃なら使えますが中堅やそれなりの立場になると恥ずかしくて使えません。

相手が上司や先輩であっても必ず奢ってくれるとは限りませんし、奢られるのを前提に行くのも微妙です。

でも本当に金が無い…そんな時に人間関係を壊さずにうまく断る方法を伝授しましょう!

スポンサーリンク
広告1

お金が無い時に誘われてしまった時の断り文句

まず、せっかく誘ってくれたのだから例え嫌いな人であったり、物理的に行く事ができない場合でも即効で「無理です」なんて無下に断るのはオススメできません。
街中で二度と会う事がないであろうナンパ師に対してはそれでも構いませんが、職場となると話は別です。

そんな断り方をしてたら、相手が上司や先輩なら「アイツはノリが悪い!いけすかん!」などと言いふらされたり、出世に響いたり…
同期なら「付き合い悪い奴だな」といったレッテルを貼られて仲間外れにされたり…
部下や後輩なら「感じ悪い人」といった印象を持たれて誰も自分についてこなくなったり…

まぁそんな風に思う人なんて心が狭いわけですし、そもそも煩わしい人間関係なんて捨てて独りでもやっていけるならいいでしょうが、組織に属している以上はそれなりに「協調性」を求められるのもまた事実なんですよね。

そこで私がよく使うテクニック。

上司や先輩から誘われた場合

上司「カズヤ君、今日飲みに行こうよ」

私「いいですね!○○さんとお酒飲みたかったんですよ~!あ!でもスミマセンこの後○○時から約束があって、、20~30分程度ならご一緒できるんですが・・」

上司「そんな短い時間で飲んでもしょうがないよ!他あたるよ!」

私「申し訳ございませぇ~ん・・」

30分だけでもいいから飲みに行こうなんて言ってくる上司はいないと思うのでこれで完璧です。因みに上司や先輩だからといってお金が無い事を断り文句にするのはよくありません。
上司からしたら遠まわしに「お金奢ってくれたら行きまっせ!」って言われてるようなものですからね。

さらに断った後に「今度は自分からお誘いします!」とか、「次回は是非!」とか社交辞令でも相手に伝えた方が良好な人間関係が築けます。
ただ、今後もあまり誘われたくない人の場合は敢えて社交辞令は言わないようにしましょう。そこまで気を使わなくても自分が嫌いな人は他の人からもたいがい嫌われてるので、誰も一緒に飲んでくれなくなってるのが現状ですので、上記のような若干優しい断り方をしてあげるだけでも十分です。

何回か誘ってきても、毎回○○時から約束があるので数十分だけなら行ける系」を徹底する事で、「こいつプライベートは割と忙しい奴なんだな」と勝手に想像してくれて、だんだん誘われる回数が減っていくでしょう。
勘の良い人なら「そういえば自分とは飲みに行く約束してくれないなぁ・・優先順位低いなぁ・・て事は自分とは飲みに行きたくないってことか!!」と気付く人もいますが、それならそれでOKですよね。
ただ、個人的には人間はどんなに役職が上でも、偉そうにしてても、基本みんな寂しがり屋さんなので、誘われたくない相手であってもたまには飲みに付き合ってあげてくださいね(笑)

同期から誘われた場合

同期「カズヤ君、今日飲みに行こうよ」

私「ごめん!今月いろいろやらかして金無いから無理だわ~」

はい、同期の場合は正直にこれでOKだと思います。ただ同期で同じ給料水準で共に安月給なら共感し合えますが、一方は出世街道まっしぐら、給料も自分よりたくさん貰っているといった関係値ならちょっと自分が情けなくなってしまう言い訳ですが。。

部下や後輩から誘われた場合

そもそも今のご時世、部下や後輩から飲みに行こうなんて誘われる事はめったに無いでしょうが(無いですよね?)仮に誘われた場合はさすがに同期と違ってお金が無いなんて恥ずかしくて言えません。

部下「カズヤさん、今日飲みに行きましょう」

私「お!いいね~飲みたいね~!でも今日はデートなんで無理なんだよ…ごめんね」

これで完璧です。理由を”先約”ではなく具体的に”デート”とする事でカッコイイ先輩や上司を装う事ができます。しかもお金のかかるデートを理由にする事で、まさかお金が無いなんて部下や後輩達は夢にも思わないでしょう。

前もって飲み会の誘いを受けた場合は?

上記はあくまで当日急な誘いのケース。急な誘いなんでいろいろ理由付けはできます。

じゃあ前もって飲み会に誘われた場合はどうするのか!?例えば2週間後や1カ月後の飲み会など、物理的な理由があって断ろうと思っても逆に行ける日を聞かれて参加を前提に飲み会の日程が組まれるケースの場合はそう簡単に断る事ができません。

でもお金が無くて行けない…

そんな時はどうするのか!?

個人的には先の予定なので何とかお金を工面して参加できるよう努力する!たまには飲み会に参加してストレス解消する事も大事!が結論ですがどうしてもお金が工面できそうもない場合は…

飲み会の幹事に早めに(キャンセル料が発生しない期限までに)ちゃんと断りの連絡を入れる必要があります。理由としては家庭の事情、身体的な事情が王道で、ちゃんと実態に即した形で理由を考え、誠心誠意ドタキャンしましょう。

以上、飲みの誘いを良い感じに断る方法でした。
是非ご参考にしてください!

↓↓最後までお読みいただきありがとうございます。ブログランキングに参加してますので、クリックしていただけると嬉しいです!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする