キャレントは事業者向けローンのみ?口コミや評判、審査ってどうなの?

記事上テキスト
どうも、カズヤです。

人気の借金体験ブログはこちらで確認できます。同じ境遇の方々がいるのは心強いです!

既に複数社から借入があったり、どこで借りれそうかを事前に判断したい方は40社の金融業者で無料で匿名簡易審査ができるサービスが非常に便利です。
あと銀行のおまとめローン審査が通らなかった人がよく利用しているおまとめローンもあります。

上記でも借りれない場合はもう自力で稼ぐか、債務整理が必要なタイミングかもしれません。債務整理は今や気軽に、簡単にできます。まずは匿名で借金減額診断をしてみるのがいいと思います。

今回は超絶久しぶりに金融業者の紹介をしたいと思います。
というかこちらのブログに関してはタイトルの通り、「オススメの金融業者紹介ブログ」のはずなので、本来の機能をちゃんと果たさないといけません。ちゃんとします。

では、今回は私も過去に申し込みをした事がある「キャレント」について書きたいと思います。

スポンサーリンク
広告1

管理人のキャレント体験談や口コミ、評判など

もうかれこれ10年以上前だと思うのですが、私がまだ20代で且つ多重債務に陥っていた時期に当時ネット広告がよく出ており、中小の消費者金融という事で淡い期待を胸に申し込みをした事があります。
また、キャレントだけではなく、藁にも縋る思いで他にも中小消費者金融の「八周ファイナンス」「共済クレジット」に同時期に申し込みをしたと記憶しています。
ただ、キャレント含め3社全て審査通りませんでした。
確かまだ貸金業法改正前で総量規制が無かった時代だったかと思うのですが、それでも審査に通らなかったんですねぇ。。

でも当時申し込みをした上記3社の内、「八周ファイナンス」と「共済クレジット」の2社は今はもう存在せず、キャレントだけは存続している(但し存続しているといっても、会社名が変わったりしている為、運営母体自体が変わってる可能性もありますので一概には言えませんが)ので、私は審査通りませんでしたが、それなりに実績はあるんだと思います。

だがしかし!今は以前と違って取り扱いは事業者向けローンのみとなっています。
つまり法人や個人事業主が事業資金として借りる事はできますが、個人が使途自由で借りる事はできません。つまりもう消費者金融ではないという事ですね。

あと今はどうかわかりませんが、私がキャレントに申し込みをした当時は審査に通らなかった上に「アットネクスト」という会社を紹介され、会員登録させられました。
このアットネクストという会社は”最適な借入先を探す”といった謳い文句で会員を募っており、所謂金融業者の紹介サービスをやってる会社だと思われますが、当時ちょくちょく携帯に電話がかかってきては、金融業者の紹介をしてきた記憶があります。
無論、多重債務者で審査通らない事がわかっていたのでお断りし続けているうちに、電話がかかってこなくなりました。
ネットでいろいろ調べてみるとどうやら同じようにキャレント申し込みの際に「アットネクスト」を紹介された方は多いようですね。

ネットでの評判や口コミはあまり良い印象ではありませんが、正規業者である事は間違いありませんので、大手に見限られ、もう中小の業者しか頼るところが無い!といった場合は選択肢として無くはないと思います。

貸金業登録番号 東京都知事(03)第31399号

※金融庁が提供している登録貸金業者情報検索サービスにてリサーチ済

キャレントの商品、審査基準やメリット、デメリット


公式サイトへ

商品ラインナップ

■キャレントスーパーローン
・融資限度額 1万円~500万円
・貸付利率(実質年率) 7.8%~18.0%(100万円以上)
           13.0%~18.0%(100万円未満)
・資金使途 事業資金
⇒担保・連帯保証人不要
⇒ネットで申し込み完結(来店不要)

申し込み~返済まで

■申し込み方法
・インターネット専用ページでの申し込

■審査
・審査完了後、メールアドレスに審査結果が通知

■契約(本人確認、収入証明等の必要書類の提出)
・必要書類(決算書・事業計画・収支計画・資金計画等)を郵送またはFAXで提出
※平日14時までに手続完了すれば即日融資も可能

■融資
・会員専用ページ、電話等で融資手続完了後、銀行振込にて融資実行

■返済
・銀行振込で返済
・自動引き落としで返済(三菱東京UFJ銀行口座のみ)

審査について

申込条件については以下となってます。

・資金使途は事業資金のみ(事業を営んでいること)
・設立1年以上の法人または個人事業主であること
・決算書および当社所定の事業計画・収支計画・資金計画をご提出いただけること。
・20歳~65歳の方
・借入金額が返済能力を超えない範囲であると認められること
※要慎重審査

以前は個人向けのフリーローンがありましたが、今は事業者向け専用となってますね。
事業資金であれば法人への貸付は総量規制の対象外で、個人事業者への貸付も総量規制の例外扱いとなる為、既に年収3分の1以上の借金があっても審査に通る可能性はあります。
総量規制でお金を貸せるターゲットが減った事を背景に、方針転換したのかもしれません。
ただ既に他社で借金している場合は借入金額、事業収支、内容にもよりけりですが、当然審査も厳しくなってくると思われます。

公式サイトへ

【借入可能か匿名簡易審査で確認】
いきなり申し込むのに不安や抵抗のある方、既に何社も申し込みをしており慎重に選びたい方は匿名で簡易審査ができる便利なサイトもあります。無料で、且つ個人情報などの入力は不要で信用情報にも傷がつきません。今の自分にあった金融会社を見つける事ができる便利なサービスなので是非試してみてください。

匿名審査を試してみる

メリット・デメリット・評価

■メリット
・総量規制の対象外
・積極的な融資を行っている印象
・来店不要で融資が可能

■デメリット
・法人、個人事業主などの事業者向けローンのみ
・事業者向けローンとしては金利が他社より若干高い
・融資は銀行が開いてる時間帯のみ
・提出書類が多い
・無利息期間が無い

■評価

項目 評価 特記事項
審査基準  
即日融資  
土日融資 ×  
来店不要  
借入限度額  
無利息期間 ×  
借入利息  
利便性

オススメ度:★★★

会社情報

商号:株式会社IPGファイナンシャルソリューションズ
本社所在地:東京都品川区西五反田7-13-5 DK五反田ビル6階
設立:平成15年11月13日
登録番号:東京都知事(2)第31399号
日本貸金業協会:第006016号

まとめ

事業者向けローンであれば銀行や大手金融業者にお世話になるのが一番良いのは言うまでもありませんが、どうしてもそういったところから借入ができない、審査が通らないといった場合はこういった中小の業者で事業資金を得るのもやむなしかなとも思います。

公式サイトへ

【借入可能か匿名簡易審査で確認】
匿名で簡易審査ができる便利なサイトを活用すれば今の自分にあった最適な金融会社を見つける事ができます。匿名審査を試してみる

ブログランキング
↓↓最後までお読みいただきありがとうございます。ブログランキングに参加してますので、クリックしていただけると嬉しいです!

債務・借金ランキング
スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする