定期預金を担保に低金利で借り入れが可能!銀行の当座貸越(自動借り入れ)が便利過ぎる!?家族にバレずに利用は可能?

記事上テキスト
どうも、カズヤです。

人気の借金体験ブログはこちらで確認できます。同じ境遇の方々がいるのは心強いです!

既に複数社から借入があったり、どこで借りれそうかを事前に判断したい方は40社の金融業者で無料で匿名簡易審査ができるサービスが非常に便利です。
あと銀行のおまとめローン審査が通らなかった人がよく利用しているおまとめローンもあります。

上記でも借りれない場合はもう自力で稼ぐか、債務整理が必要なタイミングかもしれません。債務整理は今や気軽に、簡単にできます。まずは匿名で借金減額診断をしてみるのがいいと思います。

今回は定期預金を担保にして超低金利でお金を借りる事ができる「定期預金担保型自動貸付(当座貸越)※銀行によって名称が異なります」について記載したいと思います。

銀行各社によって若干の違いはありますが、殆ど同じようなサービスになってます。

スポンサーリンク
広告1

定期預金担保型自動貸付(当座貸越)って?

普通預金の残高が不足した場合、定期預金を担保に普通預金口座で自動借り入れができるサービスです。返済は普通預金口座に入金すれば、自動的に返済されます。

勿論担保となる定期預金をしている事が前提となりますが、どうしても「まとまったお金が必要だけど定期預金は解約したくない!」って時にこちらの自動貸付を利用すれば定期預金を解約せずにお金を工面する事ができます。

利用するにはどうすればいいの?

普通預金と定期預金がセットになった総合口座を持っていれば利用が可能です。普通預金通帳と定期預金通帳を別々で使っている場合、定期預金は総合口座になっていないケースもありますので、その場合は窓口で定期預金も総合口座に切り替える必要があります。
お手持ちの定期預金通帳の表紙に”総合口座”と記載が無い場合は総合口座になっていませんので切り替えが必要です。
※定期預金を総合口座に切り替えても普通預金通帳と定期預金通帳を別々にする事もできます。

上記総合口座を持っていれば、借り入れ可能額の範囲内であれば銀行やコンビニATMで普通預金の残高を超える金額でも引き出す事が可能になります。その場合口座残高はマイナス表記されます。

借り入れ可能額は?

借り入れ可能な金額はどの銀行もだいたい定期預金残高の9割としている所が殆どです。
但し借り入れ可能な金額には上限があり、各銀行以下の通りです。

銀行名 借入可能額
三井住友銀行 定期預金残高の90%
(上限200万円)
三菱東京UFJ銀行 定期預金残高の90%
(上限200万円)
みずほ銀行 定期預金残高の90%
(上限200万円)
りそな銀行 定期預金残高の90%
(上限200万円)
住信SBIネット銀行 定期預金残高の90%
(上限200万円)
ゆうちょ銀行 定期預金残高の90%
(上限300万円)
イオン銀行 定期預金残高の90%
(上限300万円)
新生銀行 定期預金残高の90%
(上限500万円)

メガバンクはどこも上限200万円ですね。上の表には記載してませんが上限300万円に設定している地方銀行などもあります(千葉銀行、静岡銀行、他)。
ネット銀行大手の楽天銀行などは当座貸越は取り扱っていませんでした。

利息はどうなってるの?

利息についてですが、銀行各社で差はあれど、いずれも1%以下~1%台の超低金利となってます!
例えば消費者金融で200万円を18%の金利で借りた場合、単純計算で年間利息が36万円。大手銀行カードローンで10%程度の低金利ローンで借りたとしても年間約20万円程度の利息がかかるのに対して、定期預金を担保に200万円を借りた場合、利息は主要銀行でだいたい約0.5%程度なので、年間約1万円程度の利息となります(安い!)。
金利が違うだけで雲泥の差ですね~。

また、利息の支払い日については銀行によって異なりますが、だいたいどこも年に2回(2月と8月が多い)普通預金口座から利息分だけ引き落とされます。

家族にバレずに利用は可能なの?

あまりない例かもしれませんが、どうしても家族に内緒で定期預金を担保に一時的にお金を工面したい方もいると思います。
たとえ自分名義の定期預金だとしても、配偶者がいる場合には内緒で解約するわけにはいかないでしょうし、かといってカードローンやキャッシングはもう審査が通らない、金利が高いから借りたくない、なんて境遇の方もいると思います。
銀行によって異なるケースもあるので一概には言えませんが、恐らく以下のケースに限ってはバレずに利用する事は可能です。

☑自分名義の普通預金口座、定期預金口座をもっている
⇒まだ総合口座になってない場合、自分名義じゃないとそもそも総合口座への切り替えの手続きができません。。
☑普通預金口座(総合口座)は自分だけが管理している
⇒定期預金を担保に普通預金から借り入れした場合、普通預金の口座残高はマイナス表記されますので家族もキャッシュカードや通帳を使う可能性がある場合は、バレる可能性が高くなります。
☑総合口座でも定期預金の通帳は別にしている
⇒定期預金を担保に普通預金から借り入れした場合、普通預金の口座残高がマイナスになる為、通帳にも記帳されますが、定期預金自体がマイナスになるわけではない為、総合口座でも定期預金通帳を別にしていれば、定期預金通帳には何も記帳されません。よって定期預金通帳だけなら家族に見られても大丈夫です!

あとはちゃんと滞りなく返済していれば自宅に銀行から郵送物が送られてくる事もないようです。但しもっと確実な情報が必要であれば、各銀行のコールセンターに問い合わせてみるのが一番確実です。

定期預金担保型貸付(当座貸越)のメリット・デメリット

メリットとデメリットをまとめてみました。

メリット

・定期預金を解約せずにお金が工面できる!
・金利が低い!利息の支払いは年2回だけ!
・普通預金に入金するだけで自動返済が可能!
・借り入れに審査が無い!
・信用情報に傷がつかない!

やはり低金利で借り入れができるのが最大のメリットですね。
また、消費者金融やカードローンを利用する場合と違って、一切信用情報に記録が載りません。

デメリット

・低金利とはいえ、利息がかかる
・借り入れ利息が定期預金の利子を大幅に上回る可能性がある
・定期預金に残高が無いとそもそも利用できない
・口座残高不足に気付かず自動引き落としなどで無自覚で借り入れしてしまう場合がある
・定期預金の満期または解約時までに返済しないと定期預金から相殺される
・借金の増大(預金の減少)に繋がる

超低金利で借りれるとは言え、定期預金を解約すればそもそも利息はかかりません。また、借り入れ金額や期間によっては借り入れ利息が定期預金の利子を大幅に超えてしまう為、定期預金自体のメリットが無くなってしまいます。

まとめ

自身の定期預金を担保にしているとは言え、借金は借金なので一歩間違えば借金の増大、または返せなくなって定期預金の減少に繋がる恐れもありますので利用には注意が必要です。
とは言えカードローンよりはるかに有利な条件で借り入れが可能な為、使い方次第では非常に便利でお得だと思います。
上記メリット、デメリットを踏まえて慎重に利用しましょう。

ブログランキング
↓↓最後までお読みいただきありがとうございます。ブログランキングに参加してますので、クリックしていただけると嬉しいです!

債務・借金ランキング
スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする